連帯保証人の代わりになる|不動産投資を始める|ワンルームマンションなら初心者でも大丈夫
男の人

不動産投資を始める|ワンルームマンションなら初心者でも大丈夫

連帯保証人の代わりになる

婦人

賃貸契約を行なう時には、必ず連帯保証人が必要になります。しかし、親族などに連帯保証人を依頼することが難しい家庭や、何らかの事情で連帯保証人を立てることのできない人が増えています。他にも、高齢者の一人暮らしや外国人などもその中に入ります。連帯保証人を立てることのできない人のために、家賃債務保証サービスが存在します。家賃債務保証サービスは比較的新しいサービスになるので、知らない人も多くいるといわれていますが、簡単にいうと家賃債務保証サービスは連帯保証人の代わりになるサービスのことです。連帯保証人が必要になるのは、賃貸を契約する借主が、万が一家賃滞納などを行った場合に責任を取る人が必要になるからです。家賃債務保証サービスは、借主の代わりに貸主に家賃を立て替え払いをし、借主から後日立て替え分を回収する業務を行っています。家賃債務保証サービスは借主にもメリットはありますが、どちらかというと貸主側の負担を軽減するために存在していると考えてもいいでしょう。貸主にとっても、今まで連帯保証人を立てることができない入居希望者を断っていた分、家賃債務保証サービスを利用してもらうことで入居者の獲得もでき、さらに家賃滞納時は家賃債務保証サービスにより、自ら借主や不動産会社に家賃の支払い催促を行なう必要がなくなります。家賃債務保証サービスを利用するには、借主が保証会社と契約をする必要があり、保証料を支払うことで契約をすることができます。全ての人が家賃債務保証サービスを利用できるわけではなく、入居申し込みを行なう際に審査が行われることがほとんどです。サービスを提供する会社や加入団体によっても変わってきますが、賃料に見合う収入や過去の家賃滞納歴などといった簡単な審査になります。